最近の記事

関連リンクタグ

:デスノート :アニメ :漫画 :ドラマ :コミック

カテゴリー

地味にランキング



にほんブログ村 漫画ブログへ

地味に参加中(・ω・)ノ
拍手押して下さった方ありがとうございます。

プロフィール

しゃくら

Author:しゃくら
3度の飯の次の次ぐらいに漫画やドラマなど物語系が好き。
こんな画像載せといて関西人だったりする(´・ω・`)
ぼちぼち見たものをスローペースで更新中。


勝手にリンク
このブログをリンクに追加する

相互リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近のコメント

i n f o m a t i o n

カテゴリー一覧


Category Area
現在表示しているカテゴリ = 【地獄少女 二籠】
カテゴリ一覧
バクマン。 (11) |BULE DRAGON ラルΩグラド (30) |DEATH NOTE (60) |DEATHNOTE アニメ感想 (38) |小畑健さんの漫画 (3) |DARKER THAN BLACK黒の契約者 (24) |地球へ…適当感想 (21) |コードギアス 反逆のルルーシュ 適当感想 (53) |地獄少女 二籠 (18) |地獄少女 三鼎 (17) |少年漫画 (3) |少女漫画 (1) |ピアノの森 (1) |リリイ・シュシュのすべて (3) |ドラマ (4) |アニメなど (2) |映画など (1) |小説 (1) |ニュース関連 (2) |日記 (2) |未分類 (0) |

スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

地獄少女 二籠 第二十六話『あいぞめ』
[20070408]
拓真の名前が書き込まれ、流されることになった。
そして蛍も後を追うが…。
蛍は拓真を流すだけだと思ったら、自分も後を追って地獄へ行く覚悟だったんですね。
なんて悲しいんだ。
泣きながら、流されようとする拓真をあいは流せなかった。
きくりは、実はただの幼女じゃなくなんか偉い人だったんですね。
エコーかかりすぎてて聞こえなかった。
邪眼みたいなのが出て蜘蛛になって意味分からなかった。
まぁ、ずっと監視してたんだろうなあ。しかし色々邪魔してきた理由にはなってないと思うんだが…。
ラブリーヒルズの人間は拓真を殺そうとします。
だがそこに記憶のないあいが現れて逃げようとするのだが、住人たちに打ちのめされる。
。・゚・(つД`)・゚・。うああああああ
それを見守る三藁たち…。
あいは、任務を全うできず、体に400年の歳月が流されてしまう、つまり骨に。
あいは消え、三藁たちも、それぞれが旅立っていった。
なんだが、そのシーンがすごく切なかった。
拓真の疑いは晴れたが、殺そうとした住人は逃げた。
なんて理不尽な。あいは、400年前も、今も、そうやって虐げられる運命にあるんだろうか。救われない。
蛍は生きていた。それは救いだったな。
そして、また新たに地獄少女が依頼するシーンで終わった。
どういうことだろう。また、新たな地獄少女なんだろうか。
三期を熱望したいと思います。

一番切ないのは三藁が旅立ったところですね。・゚・(つД`)・゚・。
馴れ合って一緒にいないんですね。もうあいが、いないから。
ぼちぼち一期見ようかな。
スポンサーサイト
2007-04-08(Sun) 23:32 地獄少女 二籠 | TB(5) | コメント(0) | 編集 |

地獄少女 二籠 第二十五話『彷徨』
[20070401]
蛍の兄は監禁され、拓真と蛍は暴走した住民の手から逃げる。だが見つかってしまい殺されそうになるが、兄が危機一髪のところで助けに来る。だがその兄も流され…。
さすが、鬱アニメ。
とことん鬱にさせてくれる。これが日曜の夜やってたら自さ(ry
蛍はとまどう拓真に 『私が守るから』 と拓真のたのもしい味方に。
二人寄り添うように身を隠していたが、きくりのせいで見つかってしまう。暴徒の中に一人だけ良心の呵責を感じているものがいて、それは救いフラグなのかと思ってた。
兄はその時点でもう、死んだのかと思ってたら救いに来たのは兄だった。
ボートで沈められるというところで、蛍はものすごく怯えてうろたえているのとは逆に、拓真はなんか冷静に見えた。

兄が助けに来るも、兄も運転する車から消える。

良心の呵責を感じていたはずの住人は、やはり自分の身を守るために兄を流してしまった。

拓真と蛍は生きていたが、憔悴しきった蛍はノートパソコンを開いて地獄通信にアクセスする。

その時点でもう_| ̄|○でした。

拓真流されるって思った。

守ると言った口で、ごめんねって言いながら流しちゃうんですね。

でも蛍が拓真を守ろうと思ったのは地獄少女の実態を知ったからだけでなく兄の存在が大きかったから、しょうがないのかもしれない。
生活を見ても、兄を亡くしたら一人ぼっちになってしまうわけで。

きっともう自分の手には負えないと思ったんだろう。

そんな蛍に、拓真はもう諦めて流されようとするんだろう。

でも、来週の予告を観ると、どうやら三藁が頑張ってくれそうな匂いがした。
個人的には、拓真は流されないんじゃないかって思う。
依頼を受けないとかでしょうかね。
これだけ引っ張って拓真流されて鬱エンドだけはやめてください。
立ち直れない。
でも、あいがどうにかなるのも嫌だな。
それにしてもきくり、何がしたいんだ。一体何にそんなに恨みを持っている?

それにしても、来週最終回ですか(´;ω;`)寂しい。
鬱だけど観たいアニメだ。
 果たして閻魔あいの末路は…。
2007-04-01(Sun) 03:23 地獄少女 二籠 | TB(5) | コメント(0) | 編集 |

地獄少女 二籠 第二十四話『連鎖』
[20070325]
ラブリーヒルズでは、拓真と関わる者が消えていくことで、ますます悪魔の子だという認識が広まる。それに便乗した者が、地獄通信で自分の嫌いな者を消していく。そしてそれはすべて拓真のせいになっていく…。
なんということでしょう。
まぁ、予告で予想は出来ていたけど、ここまでバンバン消されるとは。
三藁と地獄少女は大忙しですね。あいは船をこぎすぎて腱鞘炎になってるハズ。

刑事と、その妹がそれぞれ地獄少女に関わる事を色々知っていく。
妹は地獄少女の家で何が行われているのかを見る。そこで拓真の名のローソクがないことから、悪魔の子ではないと知る。
兄は柴田一著作の本を見て、真実を知る。それで拓真の胸に刻印がないのかを確かめ、拓真は悪魔の子ではないと知る。
そこまでは拓真の救いフラグが見えたんですけど、それを見張っている住人が、暴走しました。もちろん、その住人の胸にも刻印があり。
刑事は殺されてしまうのでしょうか。だとしたらもう、救いは妹しかいない。
予告で骨女が、「今度は誰を流すんだい?…え、嘘だろ?」と言っていたのが気になる。ま、まさか拓真とかやめて下さいよ。勘弁して下さいよ。

疑心暗鬼って怖いですね。
一期の最後の方は見たのですが、あれはつぐみちゃんですね。
成長してることから、あれから何年か経っていたんだと判りました。
再来週で終わってしまうのがものすごく悲しい。終わったら一期の最初の方もレンタルして書こう。
拓真の話は最終回まで続くでしょうね。
玄関先で、小さくなって泣いてる拓真かわいそう(´;ω;)

そういえば、CMで見たけど地獄少女のアニメが携帯で見れるらしい。
詳しくは→ぱらぱらアニメ

 トレーディングカード発売らしいです。

2007-03-25(Sun) 03:30 地獄少女 二籠 | TB(7) | コメント(0) | 編集 |

HOME NEXT



copyright © 2005 しゃくら all rights reserved.

Template By innerlife02
RSS1.0 ,
ブログ内検索

近況
旅行いってました(´・ω・`) ぼちぼち更新していきます。


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。