最近の記事

関連リンクタグ

:デスノート :アニメ :漫画 :ドラマ :コミック

カテゴリー

地味にランキング



にほんブログ村 漫画ブログへ

地味に参加中(・ω・)ノ
拍手押して下さった方ありがとうございます。

プロフィール

しゃくら

Author:しゃくら
3度の飯の次の次ぐらいに漫画やドラマなど物語系が好き。
こんな画像載せといて関西人だったりする(´・ω・`)
ぼちぼち見たものをスローペースで更新中。


勝手にリンク
このブログをリンクに追加する

相互リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近のコメント

i n f o m a t i o n

前の月(01月)2007年02月のアーカイブ次の月(03月)


月別アーカイブ
前の月(01月)2007年02月のアーカイブ次の月(03月)

  • ラルΩグラド TALE11 Pride - No135 at 2007年02月26日  (Mon)  19:16:50  [BULE DRAGON ラルΩグラド]
    隠し持っていた石で覆われた石から脱出するラル。敵がドラゴンをしまえと怒ると、ラルは『アイアも死ぬんじゃ俺が死ぬ意味はないアイア殺すならおまえをグラドで殺す』と無茶な言い分。言い合っている間に、カフカがアイアとヌイ、ミオを救出。ラルは時間を稼いでいた。ファーストにとっての弱点は闇。カフカはこっそりと光石を肌身離さず持っており、ラルに与える。怒った敵は石のドラゴンと変化し、それはグラドよりも大きいもの...
    ... ⇒全文

  • 地獄少女 二籠 第二十話『乙女のアルバム』 - No134 at 2007年02月25日  (Sun)  14:37:07  [地獄少女 二籠]
    樹里と麻里はいつも一緒で、髪型も持ち物もすべてお揃いの仲良し。樹里が怪我をした事が原因で、樹里が麻里を藁人形で脅すようになっていた。麻里は樹里のいいなりになっていくが・・。樹里、怖いです。ここまでではないけど、女子高とかならコレに近いようなのはありますよね。仲のいい子が他の子と仲良くすると、キレるような人。こういうの、女同士の恋愛とはちょっと違うと思うんですよ。独占欲で、相手を支配しようとするんで...
    ... ⇒全文

  • 地雷震 - No132 at 2007年02月22日  (Thu)  23:05:29  [少年漫画]
    地雷震 高橋ツトム 全19巻(文庫全10巻)新宿署の刑事・飯田響也が数々の事件を解決する物語。簡単に言えばそういう刑事モノの漫画だが、事件一つ一つが変わっている。解決の仕方もセオリー通りにいかない。それは飯田のキャラがそうさせてると思うし、飯田じゃないと解決出来ない事件だとも思う。刑事らしくない刑事。この漫画は物語の背景も一風変わっていて、犯罪者も何か信念を持っていてキャラが濃い。けど、一番興味深いの...
    ... ⇒全文

  • ラルΩグラド TALE10 Shut - No129 at 2007年02月19日  (Mon)  19:34:22  [BULE DRAGON ラルΩグラド]
    無数の石(カゲ)がラルとカフカに襲いかかる。カフカのカゲ、リズがシールドを作り、グラドが連れて来たアイアもその中に入る。ヌイにミオの持ち物を臭わせ、居場所を探る。ミオの居場所らしき所で石から敵のサードが飛び出してきた。そこにはミオがいたが、カゲがミオの脊椎まで入り込み、人質に取られ、ラルたちは手出しが出来ない。このカゲ達がこの街に入り込んだのは隣の町で人を食い、潜んでいた所ルリーラの人間がその場所...
    ... ⇒全文

  • DEATHNOTE キラゲーム&フィギュア - No126 at 2007年02月13日  (Tue)  00:15:50  [DEATH NOTE]
    DSを持っていないので、かなり悔しいんですけどデスノート、キラゲームのご紹介。簡単な概要は、プレイヤーはキラかLの役となりプレイ。キラのゴールはLを探し出して抹殺すること、Lのゴールはキラを検挙すること。それぞれの目的を遂行するには、議論の流れを読み、捜査員達の信頼を勝ち取って行くことが重要らしい。ジャンプに載っていた情報は、●ストーリーモードには各話ごとにボーナス条件が設定されており、条件を満たすと...
    ... ⇒全文

  • ラルΩグラド TALE9 Block - No125 at 2007年02月12日  (Mon)  16:05:45  [BULE DRAGON ラルΩグラド]
    フラフラと彷徨う女達の中にミオがいた。ラルとカフカはアイアをベットの下に避難させ、ミオの元に駆けつける。そこへ弓兵達が襲いかかり、ラルは戦おうとするが、カフカがカゲではないと判断し、止める。街の者たちが壁の上から、男も女も陽が昇れば正気に戻るから殺すなと訴える。そこは高い壁に覆われた場所で、明るい陽が出ているうちは大きなカゲが出来る、そこを利用したカゲが人々を操っているとラルとカフカは判断する。ラ...
    ... ⇒全文

  • 地獄少女 二籠 第十八話『あのひとの記録』 - No124 at 2007年02月11日  (Sun)  15:42:53  [地獄少女 二籠]
    理奈は父子家庭で結婚を控えていた。そんなある日、父が昔家を出た母親が事故に遭い、介護が必要だからひきとると言う。理奈は反対するが、父の疲れた様子に自分も面倒を見る。だが、母は二人に対して心を開かず冷たく当たる。理奈の結婚相手の親が、介護に難色を示し結婚を延期することになった。理奈は耐え切れず、父を責めるが、理奈は別の母親から生まれた子供だということを知る。正統派、地獄少女という感じでした。三藁もほ...
    ... ⇒全文

  • 嫌われ松子の一生 - No123 at 2007年02月10日  (Sat)  17:27:10  [ドラマ]
    タイトル通り、松子の一生を描いた長編物語。視聴率は、裏のドラマが人気だったので全然取れなかったのが残念です。主演の内山理名さんは熱演していたし、北村一輝さんなんかもいい味出していたと思うんですけど、裏番組が強すぎて・・。 嫌われ松子の一生 TVドラマ版 DVD-BOX内山理名 (2007/03/09)アミューズソフトエンタテインメントこの商品の詳細を見る小説は未読なのですが原作とは少し違ったようですね。現代の松子の姪が...
    ... ⇒全文

  • DEATHNOTE アニメ 新OP&ED - No121 at 2007年02月08日  (Thu)  21:34:07  [DEATHNOTE アニメ感想]
    そういえば・・・先週のジャンプに載ってた記事を忘れてたんですけど、OPとEDが2月27日から変わるそうです。新OP 『What's up,people?!』新ED 『絶望ビリー』だそうで。マキシマム ザ ホルモンというバンドです。公式HP過激な歌詞が特徴なパンクバンドで4人組。 誰?OP変わって欲しいと、最初は思ってた。うん、思ってた。願ってた。でも最近ナイトメアがちょっと好きになってきていた所だったのに(´・ω・)...
    ... ⇒全文

  • 地獄少女 二籠 第十七話『沈黙のまなざし』 - No119 at 2007年02月07日  (Wed)  19:31:52  [地獄少女 二籠]
    寧々は地獄少女と契約を交わす。ターゲットは自分の母親だった。一目連は母親を見て驚く。昔、契約を交わした相手だったからだ。母親は、小さい娘にも暴力を振るう夫に耐え切れずに、父親を地獄に流していた。父方の祖母が寧々に色々吹き込んだせいで、寧々は母を憎むようになっていた。母はいつも優しく誰かが見つめている気配を感じる。母と祖母の会話を聞いた寧々は家を飛び出し、追いかけた母に対して藁人形の紐を解こうとする...
    ... ⇒全文

  • ラルΩグラド TALE8 Glasses - No117 at 2007年02月05日  (Mon)  22:39:41  [BULE DRAGON ラルΩグラド]
     ラルが夜目を覚ますと、隣にミオがおらずミオは窓の外を見ていた。庭ではカフカが特訓をしていた。水獣を吸い取った為にパワーアップしているカフカを見て、ラルは驚く。ルリーラ街へ行こうとしている3人に、姫は城を守ってくれたほうびとして金貨を与える。そして、姫からもうひとつほうびがあった。カフカを連れて行ってくれという。カフカは動揺し、姫を守るというが、姫はカフカが共に着いて行きたいことを見抜いていた。姫...
    ... ⇒全文


スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

DEATHNOTE アニメ story.20 『姑息』 感想
[20070228]
会議を盗聴・盗撮している捜査本部は、会議の様子に唖然とする。
そして月は、そのうちの一人、奈南川にLの名を語り電話をし、奈南川に不利にならない条件を提示した上で協力を求める。
巧妙な月のやり方に感心したLは、自分が死んだらLを継いでくれないかと持ちかける。その裏には、月がキラなら食いついてくると考えたからだった。
しかしそんなLの考えを月は読み取り、そんな人間に見えるかと訴えるがLは見えると言い、またも殴り合いになる。

夜神父は7人を捕まえれば殺人がなくなると信じ、すぐに捕まえようとするが、7人の中にいるとは限らないというLの主張と衝突。
そしてLは一人で捜査をすると言い出す。
Lはミサの元へ月と行き、ミサを誘導し、ミサをヨツバに接触させ、おとりに使おうとする。月はミサが危険だと反対するが、ミサは月の役に立ちたい為に捜査に乗り出す。
deathnote20sk『もし私が死んだら、Lを継いでもらえますか?』
例え月がキラの記憶を失くしてなくても、『何を言うんだ!』と計算ずくで言いそうだから、Lのカマかけは意味ないかもと思った。
画像の3人輪になってるやつ、笑った。
ほのぼのアホっぽくて(・∀・)イイ!何かなごんだ。

OP&ED・・・変わりましたね。
OPは、第一印象はアメコミっぽいなという感じ。
色使いとかが原色が多様されてるし絵柄もポップに描いてるのが多いから。
曲は・・・合ってないと思います( ゚Д゚)斬新といえば斬新です。
しかし、ニアとメロが出てきてました!!11
最後までやるんですね~。もう一回ぐらいOPとED変わるんだろうか?
EDは、好きですね。イントロらへんとかカッコイイと思う。
でも途中で違う人が声入ってくるところがちょっと。
最後月が飛び出してるの笑った。慣れればOPもEDも好きになりそうな気はします。ナイトメア、何だかんだで好きになりました。そんなもんだ。
下の商品はキラとLの手錠チャーム。
次回 『活躍』

スポンサーサイト

ラルΩグラド TALE11 Pride
[20070226]
隠し持っていた石で覆われた石から脱出するラル。
敵がドラゴンをしまえと怒ると、ラルは『アイアも死ぬんじゃ俺が死ぬ意味はないアイア殺すならおまえをグラドで殺す』と無茶な言い分。
言い合っている間に、カフカがアイアとヌイ、ミオを救出。
ラルは時間を稼いでいた。
ファーストにとっての弱点は闇。
カフカはこっそりと光石を肌身離さず持っており、ラルに与える。
怒った敵は石のドラゴンと変化し、それはグラドよりも大きいものだった。それを見たグラドはラルの言葉も無視し、最大化し、青い炎で一撃。

グラド 『何者であろうとどんな理由があろうとオレの姿を装うことは許さない』

ルリーラの住民達がかけより感謝される。そして自分達はもう大丈夫だという。
人間の最大の味方のカゲ、『確信の猛獣・ホワイトタイガー』が、ガレットという者に宿り、ラルが闇から開放された日にここを旅立ったという。ラルは敵意を燃やす。
buledragon21うーん。やっぱりあっさりと切り抜けた。
敵がバカすぎるっていうのばかりです。展開遅いのもイライラするけどこの漫画は早い!それはいいところ。
ラルの思考回路、まだよく分からないけど女が大事だという事だけは一環している。
ガレットに敵意をむき出しにしたのは、ガレットが二人の美人の従者とともに行ったこと、消えていく女を見捨てたことに腹を立てているからだろうか。
何より驚いたのがラルが闇から出てまだ9日しか経っていないこと。
もっと経ってるかと・・・。
カラーは美しかったです。小畑さんはさすがです。ミオ先生かわいい。
タイトルのprideっていうのは、グラドの事ですね。
誇り高き龍なんだか負けず嫌いなんだか、グラドはいいキャラ。


地獄少女 二籠 第二十話『乙女のアルバム』
[20070225]
樹里と麻里はいつも一緒で、髪型も持ち物もすべてお揃いの仲良し。
樹里が怪我をした事が原因で、樹里が麻里を藁人形で脅すようになっていた。麻里は樹里のいいなりになっていくが・・。
樹里、怖いです。ここまでではないけど、女子高とかならコレに近いようなのはありますよね。
仲のいい子が他の子と仲良くすると、キレるような人。
こういうの、女同士の恋愛とはちょっと違うと思うんですよ。
独占欲で、相手を支配しようとするんですよね。

樹里は麻里が裏切ったと言うけど、裏切ってないし!
ただ、ダブルスを一緒に組まないかと、先輩に言われただけで裏切りになるとは。
樹里、一人でこけてるし。別に誰も足ひっかけてないし。

樹里からもらったアルバムを落としたことに気がついて麻里は戻りますが、あんな大きなもの落としたら気が付くって(・´ω`・)
それを探しに出かける麻里に、一目連が近づく。
困った時に現れる一目連。

『俺でよければ話を聞くよ。』

輪入道なら気にならないが、もっくんがやればナンパに見える( ゚Д゚)

そして震える手を止めるように麻里の手に手を添えるもっくん。
そしてメッセンジャーの姿で不自然に現れるもっくん。
頭をナデナデするもっくん。泣いてる麻里を抱きしめるもっくん。

それを見た樹里が走り出し、事故に。

( ゚Д゚)え・・・もっくんのせいじゃ?

『あの二人、地獄でいい写真が撮れるといいけどな。』

何ヤレヤレみたいな風に言ってるんですか( ゚Д゚)天然?

きくりもあいとお揃いの着物を着たりして、骨女をオバサン呼ばわりしてました。骨女はオバサンじゃないよ(・´ω`・)
そして、飽きたと脱ぎ捨てる。
そんなものじゃないかと。樹里と麻里も大人になれば、飽きたというか、自然に離れることに抵抗なくやっていける時期が来てたと思う。
これ持ってたら人格疑われそうだ。
2007-02-25(Sun) 14:37 地獄少女 二籠 | TB(8) | コメント(2) | 編集 |

stage18 『枢木スザク に 命じる』 コードギアス・アニメ感想
[20070224]
code_18skあっさりと、スザクがユフィの騎士になってた。
そしてカレンがルルの親衛隊に。しかもちょっと嬉しそうだった。
親衛隊ってもうイメージ的にファンクラブみたいな気分になってくる。
本来の意味を忘れそうだった。
カレンはゼロを好きというよりも、崇拝してる感じですね。
単独でスザクを狙っていたし。かなりの自己犠牲精神。
ゼロがルルと知ったらどうするんだろうか。

ユフィとスザクの事で落胆したのはルルだけじゃなく、メガネっ子ニーナも。そこへロイドが絡んでいたけど、ニーナがウランがどうのこうのと。そこに目を付けられたわけですが、難しくてよく分からん(´・ω・`)何かよからぬことをニーナが利用されそうフラグは立ってましたね。

リヴァルが会長とロイドが婚約してることを知ってショック受けてた(ノ∀`)
ロイドとナクターシャはどのぐらいの仲だったんでしょうか。

しかし、ユフィはどのぐらい覚悟を持ってるんだろう。だんだん自分の立場までもが危なくなっていってる気がする。ハタから見たら私欲で動いてるように見えなくもない。
コーネリアに見放されることはないだろうけど。

シュナイゼル登場しました。美形ですね。
ルルの母を殺した真相を知っているそうで、これから先苦戦しそうだ。

ルルは修羅の道を選んだ割には、甘い。
体力バカのスザクに接近戦で勝てるわけないのに。
精神的な攻撃という姑息な手を使ってました。ルルとしてはスザクは友達でもあり、プライドもあり意地もあり、と出来るならば一緒に戦う道を選びたかったから最後まで説得しようとしたんだろうな。

でも、とうとうスザクにギアスをかけた。どうせかけるならば、もっと色々練って最善なギアスをかけて欲しかったけどあんなに咄嗟じゃ・・。最善なギアスって何。
相変わらず気になるところで終わってくれました。

そういえば、OPがまた微妙にリニューアルしてましたね。
ジンバージョンに於いて、個人的にはこっちの方がしっくりきます。

1/7 ユーフェミア・リ・ブリタニア 完成品フィギュア B-CLUB版(予約)


地雷震
[20070222]
地雷震 高橋ツトム 全19巻(文庫全10巻)
新宿署の刑事・飯田響也が数々の事件を解決する物語。
簡単に言えばそういう刑事モノの漫画だが、事件一つ一つが変わっている。
解決の仕方もセオリー通りにいかない。それは飯田のキャラがそうさせてると思うし、飯田じゃないと解決出来ない事件だとも思う。
刑事らしくない刑事。

この漫画は物語の背景も一風変わっていて、犯罪者も何か信念を持っていてキャラが濃い。
けど、一番興味深いのは主人公のキャラかもしれない。
飯田の心理描写とか、ほとんどない。
哀愁を感じるのはそこだろうと思う。1話完結が多いけど、物語の終わり方もセンスがある。

事件は時事的なものが多く、本当にありそうなものまであるから余計に怖い。
絵的にだけ怖いのではなくて、心理的に怖さが迫ってくる。
人間の奥底にある黒い部分。
地雷震 (1) 地雷震 (1)
高橋 ツトム (2003/05)
講談社
この商品の詳細を見る
今からなら、文庫がおすすめです。
個人的には
File14「スリルandリアル」
File24「パートナー」
がお気に入り。
と、いっても大好きで何度も読みたい、とかそういう好きではなくて。
他にもっとハードボイルドなエグイ話とかあるんですが、『パートナー』は色々な意味で怖かった。

最終話は、それこそ最も長編で深い話ですが、そんなに何度も読みたくないと思った。
精神的にダメージを受けた。全話、読んでいて辛かった。
でも、この漫画を読んでよかった。

28話あるけど、どれを取っても重い話ばかりで、読むのにエネルギーが要りました。
人も沢山死にます。表現もグロいのも多い。なので苦手な人はダメだと思う。
私が読んだのは文庫だったのですが、作者が合間合間に物語の解説をしていて、それと合わせて読んだ。裏話までは行かないけど、描くのにものすごくエネルギーがいったんだろうなと感じた。
1巻あたりは絵があまりうまくないけど、巻を追うごとに絵が完成されていって凄みが増していってる。

飯田の生き方は傍目から見たら、カッコイイ。
ショートホープを片手に、犯人と対峙する。その行動も言動も非情。
仲間の死ですらも涙を流さない。でも、心底冷たいとは思えない。
涙を流すことが、悲しんでいるとは限らないという感じ。
何を考えているのか全く読めない。だから魅力がある。
飯田は刑事以外、生きていけないんだろうな。
自分が幸せになっては、殺した人間に申し訳ないというような描写もあった。

『刑事でいる事は呼吸をしてるのと同じだからな』

クールな漫画を読みたい人におすすめです。でも深く思い込みがちな人は欝になると思う。


作者、高橋ツトムさんのブログを見たんですけど、韓国でドラマ化されるそうです。
地雷震のウィキペディア 
2007-02-22(Thu) 23:05 少年漫画 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

DEATHNOTE アニメ story.19 『松田』 感想
[20070221]
deathnote19sk松田は役に立てない自分に焦っていた。
偶然ヨツバグループの会社の近くにミサのロケで訪れる。
ロケを抜け出し、単独ヨツバ社内へと潜入する。

その頃、日本捜査本部では探偵エラルド・コイルに『Lの正体を明かして欲しい』と依頼が入っていると、ワタリから連絡が入る。
心配をする夜神父達だったが、コイルはLの別名でもあった。
依頼主ははヨツバの社員だった。

松田は、ヨツバの怪しげな会議を盗み聞き、この中にキラがいると確信するが、見つかってしまう。
とっさにタレント弥 海砂のマネージャーであり、ヨツバに売り込みに来たと嘘をつく。
松田の緊急ベルトから連絡を受けたLは、ミサを松田の元へ向かわせる。
ミサの事務所の女の子達を集め、ヨツバ社員を接待する。
松田は殺される可能性があることから、Lは作戦を決行する。

松田に酔ったフリをさせベランダから落ち、それを下の階で夜神父がマットで受け止め、下では松田の死体のフリをアイバー、発見者をウェディ、救急隊員が月とL。
翌朝、新聞には松田の死亡も報じられていた。
コイルのフリをしたアイバーがヨツバ社員に電話をし、多額の報酬を要求。ウェディは簡単にヨツバに潜入し、盗聴とカメラを設置。
ヨツバではそれを知らずに会議が始まる。そして何故か一人足りない。

deathnote19_02sk今回はタイトル通り、松田が主役。
もう、所々に笑い所満載でした。
松田のバカが・・とLがキレ気味で救急隊員になってるところとか。
茂木さんがLから受け取ったイチゴをポケットに入れてて笑った。
死体のフリをしてるアイバー、哀れ。
確かにスゴ腕の詐欺師が、何で路上で死体の役やってんだって話だ(ノ∀`)
漫画で読むより松田が必死なダメっぷりが良かった。
でも、松田みたいな普通の感覚したキャラがいないと駄目だなと思う。

次回 『姑息』もしかして、新曲?
DEATH NOTE/ ミサ クロスチョーカー


stage17.5『仮面 の 真実』コードギアス・アニメ感想
[20070220]
code_17.5sk2度目の総集編きました。
7年前に、戦火の中を歩くルル、おんぶされてるナナリー、後ろを歩くスザクのバックに流れていた曲がとてもよかった( ´ω`)ナニアレ

終始、スザクの事をルルが語るという感じでした。
ナナリーの幸せを願うルルは、スザクをナナリーの騎士にしようと思った。でも、スザクは白兜だった。
空白の7年間でスザクは変わり、その理由をルルは知って・・でもルルはもう後戻りは出来ない。その辺の葛藤です。
大きく見れば二人が望むものは同じなのだろうけど、やり方が根本的に違うから交わることはないだろうし。
スザクの一人称が『俺』から『僕』に変わっていたなんて。
『僕』から『俺』に変わることは良くあることですが。
もっと窮地に陥った時、唯一の友達だったスザクに、ルルはギアスをかけられるのだろうか?


ラルΩグラド TALE10 Shut
[20070219]
buledragon20無数の石(カゲ)がラルとカフカに襲いかかる。カフカのカゲ、リズがシールドを作り、グラドが連れて来たアイアもその中に入る。ヌイにミオの持ち物を臭わせ、居場所を探る。
ミオの居場所らしき所で石から敵のサードが飛び出してきた。
そこにはミオがいたが、カゲがミオの脊椎まで入り込み、人質に取られ、ラルたちは手出しが出来ない。

このカゲ達がこの街に入り込んだのは隣の町で人を食い、潜んでいた所ルリーラの人間がその場所に街を作った。うまいことにカゲである石を城壁にしたという。その為に女たちをこっそりとさらってきた。
石のカゲはラルたちにミオを殺されたくなければカゲをしまえという。カゲをしまったラルたちは石の壁に密閉された。

ピンチです。ミオを人質に取られ、グラドを使えないラルがどう反撃するのか見もの。
しかし、ワンパターンな続き方だなとちょっと思った。
割といつも敵が立ちはだかって終わるみたいな。
それは少年漫画のセオリーだからしょうがないですけど。
ラルがミオの持ち物(デカパンツ)をカフカに渡し、ヌイに臭わせるところでカフカが照れてたのがおもしろい。やっぱりカフカはムッツリーだ。
ラル、カフカ、アイア、ヌイと一応役割分担があるのがいいですね。

来週はセンターカラーらしいです( ´ω`)楽しみ。

地獄少女 二籠 第十九話『湯けむり地獄、旅の宿』
[20070218]
輪入道は温泉宿に訪れる。温泉に入っていると女子高生達が入ってくる。そのうちの一人、伊知子が輪入道に話しかけ、『このホテル、実はね・・・』と意味深な事を言う。
その温泉宿は、昔、輪入道と閻魔あいが初めて出会った場所でもあり・・。
予告通りの温泉祭りでございました。
あいも、骨女も、輪入道も、きくりも現代の依頼者(百合江)もみんな裸祭でした。1つ気になるのが、百合江は伊知子に着替えを温泉に濡らされて、裸で走っていたけど、裸で走るよりは、濡れた着替えでも着た方がマシちゃうんかと。

輪入道はちょっと前の話でも出ていていた過去話で、姫を救えなかったという車輪だったのは分かっていたけど、その事を悔いていて、火車として人を脅かしていた。そこへあいが通りかかり、驚かないあいに興味を持つ。そんな出会いだった。
そして人間の姿になり、あいの仕事について行き、ある温泉宿に泊まる。
意外だったのは、昔の依頼は『地獄絵馬』でやっていたこと。
時代に沿ってる所が面白い。でも、地獄絵馬の方が、リアルだなと。
『行かず後家』という言葉も無知故に馴染みがなかったので勉強になった。つまりは行き遅れと。

話としては、昔の輪入道とあい、今の進行している話がシンクロしていてちょっと忙しかった。話自体も昔、輪入道と出会ったあいが依頼を受けた相手が、現代の依頼を受けた相手(百合江)が地獄へ流したい相手(伊知子)の祖先だった。(説明ややこしい・・)
つまりは因果応報ということで・・。
輪入道があいを乗せた所、ちょっと感動しました。
救えなかった姫の事があるから。

輪入道『最初の客が最後の客ってわけか。』
400年前だったんですね。出会ったのは。

あい 『人の恨みは尽きない。アナタがあの峠で走り続けていたようにすべてが地獄で朽ちるまで。一緒に来なさい。』
輪入道 『お供ってのは性に合わないな』
あい 『ならば、足になりなさい。』
輪入道 『・・わかったよ。お穣。』

( ゚Д゚)女王様?!

今回は欝にもならず、地獄少女らしくはないのかもしれないけど面白かった。骨女の過去話も見たいなあ。今後ありそうですよね。

百合江の声優さんがコードギアスのC.Cだということに気が付いたのはEDでした。
2007-02-18(Sun) 14:39 地獄少女 二籠 | TB(9) | コメント(2) | 編集 |

DEATHNOTE アニメ story.18 『仲間』 感想
[20070214]
deathnote_17sk捜査本部は、Lが建てたビルへ移動した。
Lは部屋でミサと月のデートに加わりながら、キラが能力を移動できる力があるなら、捕まえられないと気を落とす。月はそんなLを見て、まるで自分がキラではないと気がすまない言いように腹を立て、殴り合いのケンカをする。
2ヵ月後、月は大企業のヨツバグループに目をつける。不自然にライバル会社の重要人物が死んでいるのを見てキラの仕業だと見抜き、Lも意欲を示す。
だが、圧力をかけられており、警察はこの件から手を引くことになり、Lと一緒に捜査するには警察を辞めることを余儀なくされた。
夜神父と松田と茂木は、キラを追うことを決断するが相沢は家族がおり、決断できずにいた。
それを見たワタリがLに、万が一のことが合った場合、家族に保障をすることを何故伝えないのかと言う。
それを聞いた相沢は試された事に対して腹を立て、警察に戻ることにする。
Lが呼び寄せたプロの詐欺師、アイバーとプロの泥棒ウェディが捜査本部に加わる。
その頃、公園では相沢が家族と偶然出会い、悔しさに涙を流す。

今回は人間模様の回でした。作画は置いといて、見ごたえありました。
Lのキャラもよく出ていたし。白月とLはデスノートがなければいいコンビだっただろうに・・と。デスノートがなければ出会ってないですけど。
ケンカの途中で、松田が電話をかけ、即切られるシーン。

L 『いつもの松田のボケです』
月 『まぁ・・松田さんは天然だからな』

松田 『聞こえてますよ・・・』

というのがツボった。
あと、再就職するさ、とキラキラしながら言ってた夜神父にも。
一回は一回です!とケンカシーンも省かれず満足。

次回 『松田』松田の活躍に期待。
DEATH NOTE Vol.3(アマゾン)
DVD DEATH NOTE 3 (2/21 発売予定)(楽天)

DEATHNOTE キラゲーム&フィギュア
[20070213]
deathnote18skDSを持っていないので、かなり悔しいんですけどデスノート、キラゲームのご紹介。
簡単な概要は、プレイヤーはキラかLの役となりプレイ。
キラのゴールはLを探し出して抹殺すること、Lのゴールはキラを検挙すること。それぞれの目的を遂行するには、議論の流れを読み、捜査員達の信頼を勝ち取って行くことが重要らしい。

ジャンプに載っていた情報は、
●ストーリーモードには各話ごとにボーナス条件が設定されており、条件を満たすと『りんご』がもらえる。これを集めると隠しキャラが登場。
●10個りんごを入手でメロ登場。
●5個りんごを入手でニア登場。
●劇場版DVDにも隠しキャラ情報があるらしい。
DEATH NOTE キラゲーム DEATH NOTE キラゲーム
Nintendo DS (2007/02/15)
コナミデジタルエンタテインメント
この商品の詳細を見る
 
≪予約商品2月15日発売予定≫【新品】NDSDEATH NOTEキラゲーム(安い店は売り切れ( ゚Д゚))
コナミで予約すると特典がもらえるらしいです→コナミ
コナミの特典詳細
コナミのキラゲーム特集ページ(こちらでCMとか見れてゲーム概要が詳しく載ってます)
この特集見てたらかなり欲しくなりました。
このゲーム目当てでDSを買おうかと真剣に悩み中(;´ω`)

あと、フィギュアも出るらしいです→日本テレビアニメ公式
DVDの特典より凝ってる予感。
2007-02-13(Tue) 00:15 DEATH NOTE | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

ラルΩグラド TALE9 Block
[20070212]
buledragon19フラフラと彷徨う女達の中にミオがいた。ラルとカフカはアイアをベットの下に避難させ、ミオの元に駆けつける。そこへ弓兵達が襲いかかり、ラルは戦おうとするが、カフカがカゲではないと判断し、止める。街の者たちが壁の上から、男も女も陽が昇れば正気に戻るから殺すなと訴える。
そこは高い壁に覆われた場所で、明るい陽が出ているうちは大きなカゲが出来る、そこを利用したカゲが人々を操っているとラルとカフカは判断する。
ラルはグラドをフルサイズにし、影を作っている壁を壊させる。そこへ転がった石、それがカゲの正体だった。カフカが石を切断すると、弓兵達が正気に戻るが、女達は正気に戻らずラルを襲う。
カフカが女達を操るカゲを切断すると正気に戻った。だが、ミオの姿がない。
ヌイに臭わせ、カゲを探ると地面の石から次々にカゲらしきものが現れ・・。
ラルとカフカの連携プレーが素敵。
ただ、彷徨う女たちが裸の意味が分からない。全然分からない。
最近気が付いたけど、カフカの髪型ちょっと刈り上げすぎ。もうちょっとカッコイイ髪型にしてあげて下さい。
大増23pでしたが、人気あるのかな。このままミオ先生すぐに助けられたりしたらちょっとつまらないので、もうちょっと困難な展開希望。


地獄少女 二籠 第十八話『あのひとの記録』
[20070211]
理奈は父子家庭で結婚を控えていた。そんなある日、父が昔家を出た母親が事故に遭い、介護が必要だからひきとると言う。理奈は反対するが、父の疲れた様子に自分も面倒を見る。だが、母は二人に対して心を開かず冷たく当たる。理奈の結婚相手の親が、介護に難色を示し結婚を延期することになった。理奈は耐え切れず、父を責めるが、理奈は別の母親から生まれた子供だということを知る。
正統派、地獄少女という感じでした。三藁もほどんどからまず、あいの存在感も薄い。
語り手は理奈で進行していたし。
難しい話です。誰が一番悪いとかいう話でもないし。あえて言うなら父親が子供欲しさに別の女性に子供を生ませたこと。養子でも良かったはずなのに。父は血の繋がりにこだわった。
でも、その話を提案したのは母だった。母は父を試した。
子供の産めない女性にとって、愛する夫が他の女の人に子供を産ませたら、それは苦しいと思う。その子供を愛せるかも分からない。
そのせいで、理奈は母親の笑顔を見たこともなく、母が、おはじきを持っていた意味も、望まれて産まれたと永遠に分からないまま一生を過ごすことになった。
母は生きてる方が地獄だったなら、父が地獄へ流して開放してあげた事は母にとっては良かったのかもしれない。その分父が苦しみ、父はきっとあの後死んでしまうだろうなと思った。罪のない理奈が母を流す事にならなくて良かったと思う。
来週は温泉祭り。
2007-02-11(Sun) 15:42 地獄少女 二籠 | TB(8) | コメント(2) | 編集 |

嫌われ松子の一生
[20070210]
タイトル通り、松子の一生を描いた長編物語。
視聴率は、裏のドラマが人気だったので全然取れなかったのが残念です。主演の内山理名さんは熱演していたし、北村一輝さんなんかもいい味出していたと思うんですけど、裏番組が強すぎて・・。

嫌われ松子の一生 TVドラマ版 DVD-BOX 嫌われ松子の一生 TVドラマ版 DVD-BOX
内山理名 (2007/03/09)
アミューズソフトエンタテインメント
この商品の詳細を見る

小説は未読なのですが原作とは少し違ったようですね。現代の松子の姪が原作では男の子ですがドラマでは女の子でした。その女の子にまつわるエピソードも違ったものになっています。原作の方がいいと思いますが、そこは話を延ばさないといけないので仕方ないかもしれないですね。

松子は愚かです。教師という固い職業から、一転。風俗や、殺人まで犯してしまう道へ。
本人は一生懸命に生きているんですが、どうもその選択が間違っている。色々歯がゆいことばかりだ。
小池栄子演じる親友めぐみは松子のことを思ってよくしてくれるけど、松子には届かない。
そして最後は悲しい結末だ。

父親が妹にばかり構い、自分のことを見てはくれない寂しさ、そのあたりにどうも松子が相手に必死で愛を注ぐ部分に影響があるように思えます。漫画は持ってますが、大体内容は同じであるようです。

父親に愛されていないと思っていた松子が、家出してしばらく家に帰らず実家に戻った時、父がすでに死んでいて日記を見つける。
そこには父が松子を思っていたことが記されており、松子が泣くシーン。そこは泣けます。
こちらは漫画です。漫画は正直あまり絵はうまくない。だけど、1冊で松子の人生がよくわかるのでオススメ。


映画もそのうち観たいと思ってます。
ドラマのEDの曲が明るすぎて、賛否両論だったと思うけど、あの明るい音楽じゃないと、ものすごく欝ドラマになってしまう。あれでいいと思う。
タイトルの嫌われ松子、というほどに松子は嫌われていない。
松子が歳をとった時に周囲からそう呼ばれていたけど、しっくりこない。運命とか、幸せに嫌われているといった感じだ。
嫌われ松子の一生 通常版 / 中谷美紀
嫌われ松子の一生 / 山田 宗樹(小説)

2007-02-10(Sat) 17:27 ドラマ | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

stage17『騎 士』コードギアス・アニメ感想
[20070210]
code_17skまたしても、ルルに試練が。シャーリーの件が一息ついたと思いきや、今度はスザクまで・・。
そのシャーリーも何かフラグが立ってしまった。
ルルはナナリーの事をスザクに任せるつもりだった。ナナリーの騎士として。皮肉なものです。
ユフィもスザクを騎士にすると。自分の気に入った絵すら選べない状況での発言。反抗ですよね。反抗期ですよね。
前回はスザクが壊れてたけど、今回はルルが壊れてました。もう登場人物はみんな2~3回壊れてます。
前回ロイドが会長とお見合いしてたけど、どうなったんだろう。
スザクがむき出しの戦いで、スザク丸見えすぎてちょっと恥ずかしかった。ルル達の撤収の仕方も、古典的。
コードギアス 反逆のルルーシュ 3 コードギアス 反逆のルルーシュ 3
木村貴宏、大河内一楼 他 (2007/03/23)
バンダイビジュアル
この商品の詳細を見る

来週は総集編だそうですね。


DEATHNOTE アニメ 新OP&ED
[20070208]
そういえば・・・先週のジャンプに載ってた記事を忘れてたんですけど、OPとEDが2月27日から変わるそうです。
新OP 『What's up,people?!』
新ED 『絶望ビリー』
だそうで。
マキシマム ザ ホルモンというバンドです。
公式HP
過激な歌詞が特徴なパンクバンドで4人組。


誰?


OP変わって欲しいと、最初は思ってた。うん、思ってた。願ってた。
でも最近ナイトメアがちょっと好きになってきていた所だったのに(´・ω・)
フルバージョン聞いたら結構いいなと思った。もうソラで歌えそうだ。
アニメ用のやつは編集バージョンですね。
絵が変わらずに曲だけ変わって、解読不能のようなことにはならないで欲しい。
しかし、HPを見るとその不安はぬぐえない。色々な意味で楽しみだ。
聞いた感想はこちらの記事
youtubeにアニメ版があがってたので貼っておきます。いつリンク切れるか分からないけど。音が出ますので注意。

ヴォオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!
(゚∀゚)  (゚∀゚)  (゚∀゚)  (゚∀゚)  (゚∀゚)
  (゚∀゚)  (゚∀゚)  (゚∀゚)  (゚∀゚)
(゚∀゚)  (゚∀゚)  (゚∀゚)  (゚∀゚)  (゚∀゚)
  (゚∀゚)  (゚∀゚)  (゚∀゚)  (゚∀゚)
 (゚∀゚)  (゚∀゚)  (゚∀゚)  (゚∀゚)
ヴォオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!
『What's up,people?!』

『絶望ビリー』

(3月1日更新)

DEATHNOTE アニメ story.17 『執行』 感想
[20070208]
deathnote17sk監禁してから50日が経っても開放しないLを見て、相沢は自分の推理がはずれてそれを認めたくないからではないかと詰め寄る。
Lは夜神父を呼び出し、ある開放する条件を告げる。

3日後、夜神父は月とミサを後部座席に手と足を拘束したまま乗せ、二人を死刑台に連れて行くと言う。Lが二人をキラと断定したためだと。
泣き叫ぶミサと無罪を訴える月をよそに、夜神父は月を殺して自分も死ぬと月に銃口を向け、引き金を引いた。
だがそれは空砲であり、夜神父は安堵しながら監視カメラで一部始終を見ていたLに、もし月達がキラなら自分を殺そうとするだろうから無実だと証明した。これがLがもちかけた開放の条件だった。
月は捜査に協力しLと24時間行動を共にするという条件で、ミサも松田をマネージャーとして監視下に置くことで開放された。

一方、どこかの会議室で8人が集まり、次に誰を殺すかという会議がなされていた。それを見てレムは、『人間は醜い』とつぶやく。
ヨツバ編突入しました~。やっぱりLとの最後まで忠実にやるんでしょうか。どうせならニア編まで・・っていうのはムリですよね。
今週はすごく綺麗な映像だなと思うシーンと、月の顔が曲がってるというかどえらい縦長な顔になってたりとよく分からない。
ミサとLと月の掛け合いに、相沢がキレるシーンがちょっと面白かった。
新基地となるタワーのでかさにたまげた。
ヨツバ会議のシーンは、みんなに後光が指していた。教会かっ。

次回 『仲間』

地獄少女 二籠 第十七話『沈黙のまなざし』
[20070207]
寧々は地獄少女と契約を交わす。ターゲットは自分の母親だった。
一目連は母親を見て驚く。昔、契約を交わした相手だったからだ。
母親は、小さい娘にも暴力を振るう夫に耐え切れずに、父親を地獄に流していた。父方の祖母が寧々に色々吹き込んだせいで、寧々は母を憎むようになっていた。母はいつも優しく誰かが見つめている気配を感じる。
母と祖母の会話を聞いた寧々は家を飛び出し、追いかけた母に対して藁人形の紐を解こうとするのだが・・。
キクリは輪入道をハゲ呼ばわりしてましたよ。許せません(´・ω・)ハゲてないよ。
一目連かっこよすぎ。元は刀だということです。
母がいつも視線を感じていて、正体は一目連なのだけど、一歩間違えたらストーカーですけど・・守護天使らしいです。ガーディアンだよ。
祖母が娘に嘘を吹き込んで歯車が狂いました。狂ったのは過去にママンが父を流したことから始まっていたんでしょうが。
母は娘の事を思っているのに通じなさすぎて、歯がゆかった。
母は娘に父の事を話すべきだった。中学生か高校生か知らないけどもう十分理解出来る年齢。
親としては悲しませたくなかったんだろうけど・・・。
あんな展開ないわぁ。死んでから親の思いが分かるなんて辛すぎる。

一目連 『俺はお前達の事を仲間だとは思っちゃいない』

骨女 『仲間じゃなくてなんなのさ』

一目連 『家族・・・かな』

あまーーーーーーーーい。

というか、ツンデレ?
しかも、骨女はそのセリフ聞こえてないし。
骨女、輪入道、一目連は過去に何かしら痛みがあって、一人では辛かったのを皆が皆を慰める存在になっているんですね。
夜中に見たら怖そうだ。
2007-02-07(Wed) 19:31 地獄少女 二籠 | TB(2) | コメント(4) | 編集 |

stage16『囚われ の ナナリー』コードギアス・アニメ感想
[20070206]
code_16skpマオはやっぱり生きていて、ナナリーが囚われた。それをスザクとルルが力を合わせて奪還する絵が何かいいですね。ナナリーが姫のようだ。あ、姫か。
ナナリーが死ぬとかはないと思ってたけど、スザクがなんとかするのかと思っていて、ルルが自分にギアスをかけるとか、予想してなかったので驚いた。今回はスザクに惚れました。勇敢にトラップに立ち向かう所やルルの危機に飛び込んだところ。登場シーンとかベタかもしれないけど、ベタでも何でもいいです。しかし、その後、父親殺しを暴露されグダグダになってました。
スザクがしたことは正義感あふれ過ぎてる故の過ちなんですね。人を守ることで自分を守ってきたんだなあ。
B-CLUB 1/7 ユーフェミア・リ・ブリタニア(完成品)【3月予約】

ラルΩグラド TALE8 Glasses
[20070205]
buledragon18 ラルが夜目を覚ますと、隣にミオがおらずミオは窓の外を見ていた。
庭ではカフカが特訓をしていた。水獣を吸い取った為にパワーアップしているカフカを見て、ラルは驚く。
ルリーラ街へ行こうとしている3人に、姫は城を守ってくれたほうびとして金貨を与える。そして、姫からもうひとつほうびがあった。
カフカを連れて行ってくれという。カフカは動揺し、姫を守るというが、姫はカフカが共に着いて行きたいことを見抜いていた。
姫はゴルバゴのいるスフェライト城に身をおくことにするというが、カフカは姫の側にいたい気持ちがあり、行こうとしない。
ラルはそんなカフカに『邪悪なカゲから人々を救う為に戦っているのは嘘だったのか』と追い討ちをかける。そしてカフカの力を必要としているラルは一緒に来てくれと、頭を下げ、カフカも一緒に行くことになった。
ルリーラ街に入った一行は歓迎される。数日に一人、女が消えるという事件が発生していて、カフカの力を借りたいというのだ。カフカは有名人だった。
朝、カフカに起こされたラルが窓の外に見たものは、夢遊病のようにさまよう女の集団だった。その中に、眼鏡もかけず、裸で歩くミオがいた・・・。

今週は結構おもしろかったです。カフカの心の動きが分かりやすく、人間性とかもちょっと見えましたし。硬派で真面目でむっつりって感じでした。
今のところトントン拍子に仲間が増えていてちょっと物足りないと言えば物足りないわけですが、今週のラストはちょっと衝撃でした。
ミオ先生が裸でフラフラしてましたから。まぁ少年誌ですし見えちゃいけないのは隠されてますけどね。いや、見えてたらびっくりするけど。
今までで一番展開が気になる回でした。ラルも見抜いていたけど、闇女王の仕業なのでどうなるのか。 

HOME



copyright © 2005 しゃくら all rights reserved.

Template By innerlife02
RSS1.0 ,
ブログ内検索

近況
旅行いってました(´・ω・`) ぼちぼち更新していきます。


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。