最近の記事

関連リンクタグ

:デスノート :アニメ :漫画 :ドラマ :コミック

カテゴリー

地味にランキング



にほんブログ村 漫画ブログへ

地味に参加中(・ω・)ノ
拍手押して下さった方ありがとうございます。

プロフィール

しゃくら

Author:しゃくら
3度の飯の次の次ぐらいに漫画やドラマなど物語系が好き。
こんな画像載せといて関西人だったりする(´・ω・`)
ぼちぼち見たものをスローペースで更新中。


勝手にリンク
このブログをリンクに追加する

相互リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近のコメント

i n f o m a t i o n

前の月(01月)2009年02月のアーカイブ次の月(03月)


月別アーカイブ
前の月(01月)2009年02月のアーカイブ次の月(03月)

  • 地獄少女 三鼎 第十五話『兎と亀』 感想 - No298 at 2009年02月09日  (Mon)  21:53:18  [地獄少女 三鼎]
    うさぎはトロく、周りに世話をやかれて過ごしている。兄は昔から派手で音楽活動をして人気者で正反対だった。言いたいことも言えない妹に、兄はイライラするが、うさぎに彼氏が出来て…。トロいだけで、本当は自分でやりたいんですね。周りは勝手にやってしまうから出来ないままで。進路も親のいいなりで。うさぎって名前で亀と呼ばれるのは面白い。髪型がセーラームーンみたいだった。だからうさぎなのか…。ゆずきはまたエスパー魔...
    ... ⇒全文

  • 地獄少女 三鼎 第十四話『怨みの街角』 感想 - No297 at 2009年02月08日  (Sun)  22:39:51  [地獄少女 三鼎]
    六文燈籠の日、新宿で秀美は終電に乗り遅れ、途方に暮れ一人で過ごしていた。欣ちゃんという青年が秀美に声を掛ける。秀美は田舎っぽい子です。優等生らしい。ハメをはずして新宿に行ってみたんだろうか。あいは肉体を取り戻し、皆から祝福されていた。あいは細かい性格だなあwPCの位置を気にするとは。ゆずきとすれ違ったのは秀美だったんだなあ。ゆずきは、地獄通信にアクセスする人間を感知できる能力を手に入れた!い、いら...
    ... ⇒全文

  • 地獄少女 三鼎 第十三話『六文燈籠』 感想 - No296 at 2009年02月08日  (Sun)  21:56:42  [地獄少女 三鼎]
    秋恵は新しい家庭教師の女の先生を慕っていた。だがその女は秋恵の父親に恨みを持って、秋恵に近づいていた。賽河原市で、毎年行われる六文燈籠という燈篭流しの日…。更新しなさすぎた…。今回は露骨なめちゃめちゃ百合の香りが…。いちいち誤解を招くアングルというか、秋恵が頬染めたりして。話自体は、逆恨みでよくある感じなんだけど、それが秋恵ということでよりゆずきを苦しめます。せっかくあいが出て行ったと思ったら…親友を...
    ... ⇒全文


スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

地獄少女 三鼎 第十五話『兎と亀』 感想
[20090209]
うさぎはトロく、周りに世話をやかれて過ごしている。兄は昔から派手で音楽活動をして人気者で正反対だった。
言いたいことも言えない妹に、兄はイライラするが、うさぎに彼氏が出来て…。
トロいだけで、本当は自分でやりたいんですね。周りは勝手にやってしまうから出来ないままで。
進路も親のいいなりで。
うさぎって名前で亀と呼ばれるのは面白い。
髪型がセーラームーンみたいだった。だからうさぎなのか…。

ゆずきはまたエスパー魔美のように(古っ)察知し、うさぎに声を掛けます。不審者以外何者でもない…( ゚Д゚)
しかも皮肉にもそのことで地獄通信知られてないかああ( ゚Д゚)

大人しい遠藤くんがうさぎに惚れて付き合います。
兄は音楽活動がうまくいっておらず、うさぎと亀は逆転してしまう。
うさぎは何も悪くないんだけど…。

遠藤くんとうさぎ、めちゃくちゃお似合いなのになあ…悲しい。
今までの友達も、先を越されてくやしいのか、もともとバカにしていたのか、悪口を。

兄の策略で、遠藤くんと破局。遠藤くんはハニートラップに引っかかります。

うさぎは藁人形を取り出す。でも兄も藁人形を持っていた。
兄は妹に嫉妬していた。うさぎも無理をしてたことを告白。2人で和解し、藁人形を流す。
ハッピーエンド…と思いきや、兄が流された。うさぎが流した。

兄が、また彼氏出来るとか言ったのが原因だったとしか思えない。うさぎは兄が好きだったみたいだし。
壊れてたみたいだし、他の原因はよく分からない。でも流す原因にはならないような…。

ピザの切り方が違うのが、細かくていいなと思った。うさぎもやれば出来るという事で。
スポンサーサイト
2009-02-09(Mon) 21:53 地獄少女 三鼎 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

地獄少女 三鼎 第十四話『怨みの街角』 感想
[20090208]
六文燈籠の日、新宿で秀美は終電に乗り遅れ、途方に暮れ一人で過ごしていた。
欣ちゃんという青年が秀美に声を掛ける。
秀美は田舎っぽい子です。優等生らしい。ハメをはずして新宿に行ってみたんだろうか。
あいは肉体を取り戻し、皆から祝福されていた。
あいは細かい性格だなあwPCの位置を気にするとは。

ゆずきとすれ違ったのは秀美だったんだなあ。
ゆずきは、地獄通信にアクセスする人間を感知できる能力を手に入れた!
い、いらねえそんな能力…!

誰かに優しくすると決めた欣ちゃんは、コンビニで働く間、秀美と楽しく過ごす。
秀美が取り逃したUFOキャッチャーが置いてあったり、細かいなあ。
普通の物語なら恋愛フラグなんだけど…地獄少女だしなあと思いながら見てた。

送ってもらう最中にラブホの前を通り、そこを携帯写真で撮られてしまう。
学校裏サイトで、噂になる。

ゆずきは地獄通信にアクセスしようとしてる秀美に近づき、助けようとする。
欣ちゃんに助けを求めようとしたが、欣ちゃんタイホ。ちょっとアホの子でした。

彼が新聞沙汰になったら自分が困る。秀美はアクセスしてしまう。
もうあいは何でもアリになってきた。幽霊みたいになってきた。

欣ちゃんは拳銃を持ち、ゆずきを人質に。そして、糸を解いた。
変身シーンがなくなって、輪入道の出動シーン復活!なんかやっぱりこっちが好き。

無駄に長い地獄コント。踏み潰してちっちゃくなっちゃった!!

秀美はタトゥーを入れ、派手になり、もうすっかりビッチな感じに。
多分何か壊れた。

あちこちから聞こえてくる音。ゆずきは苦しむ。音が聞こえたって、どうにも出来ないもんなあ。
2009-02-08(Sun) 22:39 地獄少女 三鼎 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

地獄少女 三鼎 第十三話『六文燈籠』 感想
[20090208]
秋恵は新しい家庭教師の女の先生を慕っていた。だがその女は秋恵の父親に恨みを持って、秋恵に近づいていた。
賽河原市で、毎年行われる六文燈籠という燈篭流しの日…。
更新しなさすぎた…。
今回は露骨なめちゃめちゃ百合の香りが…。いちいち誤解を招くアングルというか、秋恵が頬染めたりして。
話自体は、逆恨みでよくある感じなんだけど、それが秋恵ということでよりゆずきを苦しめます。
せっかくあいが出て行ったと思ったら…親友を失くすとは。

でも中学生で一人暮らしがすぐ実現するのはとんでもないなあ。一応お嬢様なのかもしれないけど。

六文燈籠の日、あいが復活!でも何で復活するのかよく分からない。復活するならゆずきはもういらなくないか。
そして柴田先生がつぐみだった。あれから大分時間たってるってことかあ。

秋恵は家庭教師から騙され危うく貞操の危機だったが、ゆずきと秋恵父に助けられる。
でも、藁人形を肉弾戦で奪うとかw

けど効果はなかった。ゆずきの目の前で、秋恵は消されてしまう。
これって、もう一度アクセスして手に入れたってこと?そんなのアリ?
最初から父親じゃなくて秋恵を流すつもりだったのか、後から変えたのか。
その辺がちょっとよく分からない。

声にならない叫びが哀しみを増してるなあ。
ゆずきの周囲、人消えすぎ( ゚Д゚)
2009-02-08(Sun) 21:56 地獄少女 三鼎 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

HOME



copyright © 2005 しゃくら all rights reserved.

Template By innerlife02
RSS1.0 ,
ブログ内検索

近況
旅行いってました(´・ω・`) ぼちぼち更新していきます。


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。