最近の記事

関連リンクタグ

:デスノート :アニメ :漫画 :ドラマ :コミック

カテゴリー

地味にランキング



にほんブログ村 漫画ブログへ

地味に参加中(・ω・)ノ
拍手押して下さった方ありがとうございます。

プロフィール

しゃくら

Author:しゃくら
3度の飯の次の次ぐらいに漫画やドラマなど物語系が好き。
こんな画像載せといて関西人だったりする(´・ω・`)
ぼちぼち見たものをスローペースで更新中。


勝手にリンク
このブログをリンクに追加する

相互リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近のコメント

i n f o m a t i o n

コメントなど、お気軽にどうぞ!


スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

嫌われ松子の一生
[20070210]
タイトル通り、松子の一生を描いた長編物語。
視聴率は、裏のドラマが人気だったので全然取れなかったのが残念です。主演の内山理名さんは熱演していたし、北村一輝さんなんかもいい味出していたと思うんですけど、裏番組が強すぎて・・。

嫌われ松子の一生 TVドラマ版 DVD-BOX 嫌われ松子の一生 TVドラマ版 DVD-BOX
内山理名 (2007/03/09)
アミューズソフトエンタテインメント
この商品の詳細を見る

小説は未読なのですが原作とは少し違ったようですね。現代の松子の姪が原作では男の子ですがドラマでは女の子でした。その女の子にまつわるエピソードも違ったものになっています。原作の方がいいと思いますが、そこは話を延ばさないといけないので仕方ないかもしれないですね。

松子は愚かです。教師という固い職業から、一転。風俗や、殺人まで犯してしまう道へ。
本人は一生懸命に生きているんですが、どうもその選択が間違っている。色々歯がゆいことばかりだ。
小池栄子演じる親友めぐみは松子のことを思ってよくしてくれるけど、松子には届かない。
そして最後は悲しい結末だ。

父親が妹にばかり構い、自分のことを見てはくれない寂しさ、そのあたりにどうも松子が相手に必死で愛を注ぐ部分に影響があるように思えます。漫画は持ってますが、大体内容は同じであるようです。

父親に愛されていないと思っていた松子が、家出してしばらく家に帰らず実家に戻った時、父がすでに死んでいて日記を見つける。
そこには父が松子を思っていたことが記されており、松子が泣くシーン。そこは泣けます。
こちらは漫画です。漫画は正直あまり絵はうまくない。だけど、1冊で松子の人生がよくわかるのでオススメ。


映画もそのうち観たいと思ってます。
ドラマのEDの曲が明るすぎて、賛否両論だったと思うけど、あの明るい音楽じゃないと、ものすごく欝ドラマになってしまう。あれでいいと思う。
タイトルの嫌われ松子、というほどに松子は嫌われていない。
松子が歳をとった時に周囲からそう呼ばれていたけど、しっくりこない。運命とか、幸せに嫌われているといった感じだ。
嫌われ松子の一生 通常版 / 中谷美紀
嫌われ松子の一生 / 山田 宗樹(小説)

スポンサーサイト
2007-02-10(Sat) 17:27 ドラマ | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
⇒ http://syakura.blog56.fc2.com/tb.php/123-7d0d93cc

HOME



copyright © 2005 しゃくら all rights reserved.

Template By innerlife02
RSS1.0 ,
ブログ内検索

近況
旅行いってました(´・ω・`) ぼちぼち更新していきます。


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。