最近の記事

関連リンクタグ

:デスノート :アニメ :漫画 :ドラマ :コミック

カテゴリー

地味にランキング



にほんブログ村 漫画ブログへ

地味に参加中(・ω・)ノ
拍手押して下さった方ありがとうございます。

プロフィール

しゃくら

Author:しゃくら
3度の飯の次の次ぐらいに漫画やドラマなど物語系が好き。
こんな画像載せといて関西人だったりする(´・ω・`)
ぼちぼち見たものをスローペースで更新中。


勝手にリンク
このブログをリンクに追加する

相互リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近のコメント

i n f o m a t i o n

コメントなど、お気軽にどうぞ!


スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

DEATHNOTE アニメ story.25 『沈黙』 感想
[20070404]
deathnote25sk月の為に再び犯罪者裁きをするミサ。
それはミサが疑われる事で、レムがLを殺そうとするだろうという月の作戦だった。
鐘の音が煩いと、雨の中を佇むLに月は不可解な様子。
一緒に雨に濡れたLは罪滅ぼしだと月の足をマッサージする。
「寂しいですね…もうすぐお別れです」
というLの言葉に月は息を呑む。

本部に戻ったLはワタリに指示してあった、13日のルールの検証を死刑囚を使って行おうとするが、ミサの危険を案じたレムは、ワタリとLの名をノートに書き、自分も灰となった。
倒れるLを支える月は、勝利の笑みを浮かべて見せ、Lは無念に死んだ。

今回は、冒頭からして、いつもと違った。
これはdeath noteなのか?と思ったほど。
ワイミーズに、幼いLがワタリの手を握り雪の中を佇んでいる回想シーンから。

鐘の音が鳴り響き、泣き喚く子供達。

ミサは月の為に裁きをし、意味深な歌を口ずさみ街中を歩く。

雨の中を佇むL。

ピアノの音。

こういうのって叙情的って言うんだろうか。

ちょっと切なくなりましたよ。

原作にはないシーンがてんこもりで、微妙なところもあった。
正直足を拭くシーンは、いらないんじゃないかと。
いや、すごくいいシーンだと思うんですけど、今回の話だけ切り取ったような違和感がある。
思いをはっきり言葉にしないでミサの気持ちを歌にしたりだとか、そういうのすごく好きだけど今回だけそういうテイストっていうのが。
統一されてないのが嫌なのかも・・・。絵も。
アニメのモンスターとかそういう匂いを感じた。最初から同じようなテイストだったらなあ。でもそれだと、今回の感傷が薄れてしまうのか。
というか、あれかも。やっぱりLとかニア派だから、見るの辛かったのかもしれない。
淡白に進めてくれた方が気持ちが楽だから。
ちょっと最近重い小説とか読みすぎたせいかも。

Lが死ぬのはもちろん、ワタリとLの絆って、泣ける。
ミサも、月に利用されているのは分かっているという意なんでしょうか。
あの鐘の音は、教会というか…それがLの死を暗示しているのかな。
Lは、寂しいです…もうすぐお別れだと月に言ったけど、少しは月に友情を感じていたんじゃないかと、思う。

『生まれてから一度でも、本当のことを言ったことがあるんですか?』

次回『再生』
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
⇒ http://syakura.blog56.fc2.com/tb.php/156-f97a8b80
ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!
2007-04-04(Wed) 22:27 | *菜那のつぶやき* 

「寂しいですね。もうすぐお別れです」己の死期を悟るL。そして永訣の時・・・の、ハズが。私は今、何のアニメを見ているのでしょうか? '`,、('∀`) '`,、 「っ!何をする竜崎!」「お手伝いをしようかと。
2007-04-05(Thu) 04:07 | 微酔王子 

品質評価 21 / 萌え評価 36 / 燃え評価 5 / ギャグ評価 13 / シリアス評価 83 / お色気評価 13 / 総合評価 32レビュー数 122 件 月の為なら死をも厭わない性格を利用され、月の命令でヨツバキラ死亡後に裁きを再開する海砂。月は、解放された途端に裁きが再開されたことで、

HOME



copyright © 2005 しゃくら all rights reserved.

Template By innerlife02
RSS1.0 ,
ブログ内検索

近況
旅行いってました(´・ω・`) ぼちぼち更新していきます。


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。