最近の記事

関連リンクタグ

:デスノート :アニメ :漫画 :ドラマ :コミック

カテゴリー

地味にランキング



にほんブログ村 漫画ブログへ

地味に参加中(・ω・)ノ
拍手押して下さった方ありがとうございます。

プロフィール

しゃくら

Author:しゃくら
3度の飯の次の次ぐらいに漫画やドラマなど物語系が好き。
こんな画像載せといて関西人だったりする(´・ω・`)
ぼちぼち見たものをスローペースで更新中。


勝手にリンク
このブログをリンクに追加する

相互リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近のコメント

i n f o m a t i o n

コメントなど、お気軽にどうぞ!


スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

ラルΩグラド TALE17 Confess
[20070409]
buledragon35闇女王はジーガ達がやられた事を知り、新たなる刺客・ビヨンを送り込む。
朝目覚めるとミオの隣にラルはおらず、ラルのいつもと違う様子にミオは不安を覚える。
ガネットが連れ去られた男の城と、女が幽閉されている城の地図を置いて去ったことをラルは知り、カフカ達は当然、スンスの姉がいるかもしれないノアギアに行こうとするが、ラルはまっすぐに闇女王のもとへ行くと言う。
ガネットは、ラルが女を助けている間に闇女王の所へ行くつもりだろうと予想し、それは我慢ならないのだとガネットに対抗意識を燃やす。カフカは先に女を助けるべきだと言い切り、対立する。

するとラルは15年閉じ込められた恨みがあり、他の奴に倒されたくないと、意地と復讐のために自分は一人で行くという。

そんなラルの側を離れたくないミオは一緒に連れて行ってくれと言うが、ラルは一人で行く事をあっさりと選択した。
その頃、ガネットは闇女王の元へ近づいていたが、城の周りに蜘蛛の巣が張られており、近づく事が出来ずにいた。

うーん。意外な展開。
ラルはミオに対して、どんな感情を持ってるんだろう。
ミオとしては15年ラルの教育係として、闇に閉じ込められたままの相手に愛着というか愛情を持っているだろうし、その相手にあっさり必要とされていないような態度を見せられたら、ショックだろうな。
てか、スンスかわいそ(´・ω・)ラルが頼りだと思って着いてきたのに。
というか、カフカは攻撃派じゃないし、スンスの姉奪還など出来るのだろうか。
悪く言えば、ラルは自分中心に動きすぎかもしれない。

1巻買いました(´∀`) 写真撮ったけど画像があったのでこれで。
やっぱりジャンプで見るのとコミックスじゃ綺麗さが違うな。
BLUE DRAGONラルΩグラド 1 (1) BLUE DRAGONラルΩグラド 1 (1)
鷹野 常雄、小畑 健 他 (2007/04/04)
集英社
この商品の詳細を見る

スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
⇒ http://syakura.blog56.fc2.com/tb.php/158-a7d87650

HOME



copyright © 2005 しゃくら all rights reserved.

Template By innerlife02
RSS1.0 ,
ブログ内検索

近況
旅行いってました(´・ω・`) ぼちぼち更新していきます。


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。