最近の記事

関連リンクタグ

:デスノート :アニメ :漫画 :ドラマ :コミック

カテゴリー

地味にランキング



にほんブログ村 漫画ブログへ

地味に参加中(・ω・)ノ
拍手押して下さった方ありがとうございます。

プロフィール

しゃくら

Author:しゃくら
3度の飯の次の次ぐらいに漫画やドラマなど物語系が好き。
こんな画像載せといて関西人だったりする(´・ω・`)
ぼちぼち見たものをスローペースで更新中。


勝手にリンク
このブログをリンクに追加する

相互リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近のコメント

i n f o m a t i o n

コメントなど、お気軽にどうぞ!


スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

地球へ… section08『震える心』
[20070528]
キースはシロエを殴り、その衝動に驚く。
そんなキースの様子にマザー・イライザは成長と判断する。
なんか、怪しい。あの草原のベッドが…。どうにも洗脳に思えてしまう。

そしてシロエはキースの事を探っているうち、マザーイライザのメモリーバンクへと潜入。
そうして更に探るうち、フロア001へ。そこでキースの秘密を知る。

なんか、エヴァを思い出した。そんな感じなんですかね???

マザーイライザは自分の中の親しいイメージで現れるというのはビックリ。あの女性はキースの中の誰なのか?

『元気でちゅか?』というキースに萌えました。

すごい真面目な人がああいうことやると、おかしすぎる。

そしてついに、ジョミー登場。
そのジョミーを見てサムは、苦悩する。

サム…かわいそうすぎる。
キースには、分からないって言ってたけど、まさにそうだと思う。
努力でなんとか出来ない事もあるのだし、それを努力が足りないと天才型に言われたら腹も立つし。

シロエは、ミュウへ覚醒したんだろうか。
何かピーターパンの本持っていたけど。あの状況で逃げれたって事は…。
面白くなってきた。
スポンサーサイト
2007-05-28(Mon) 21:46 地球へ…適当感想 | TB(7) | コメント(0) | 編集 |

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
⇒ http://syakura.blog56.fc2.com/tb.php/186-3242efde
キースが殴ったことで終わるのかと思ったけど、まだシロエはやる気ですよ。サムが「止めろ!」と言ったのは、むしろシロエの身がヤバいと思ったからなんですね? エリート訓練を受けているキースに本気を出されたら、シロエがただではすまないと。しかし、それでも懲りずに
2007-05-28(Mon) 22:14 | 瑞原唯子のひとりごと 

「元気でチュ~か?」子安さんの萌えボイスに(;´Д`)ハァハァですよ。サムじゃないけど、癒されまくりだぜw
2007-05-28(Mon) 23:03 | リリカルマジカルS 

打ち消される…優しいサムの感情…やめてくれ…もうたくさんだ!!
2007-05-29(Tue) 01:14 | 日々の徒然言 

「元気でチュ~か?」子安さんの萌えボイスに(;´Д`)ハァハァですよ。サムじゃないけど、癒されまくりだぜw
2007-05-29(Tue) 04:20 | リリカルマジカルS 

俺が、お前と…お前達と何が違う――?キースの鋼の心を動かしたシロエ。自分の感情に戸惑うキースを、マザー・イライザは成長だと諭す。シロエはキースの秘密を探り、ついに真相にたどり着く…そしてキースは、
2007-05-29(Tue) 08:43 | SERA@らくblog 

 Gファンタジー見た。丁度今出てるヤツから「地球へ・・・」のサイドストーリーが新連載になってるのな。キースが主役のお話。 で、まぁまぁ面白いんですが、例えば6話と7話の間の4年とかをここで補完するというこ

地球へ・・・Vol.1 【完全生産限定版】シロエの発言により激しく心乱されたキースは、思わずシロエに手を上げてしまう。これまでにない、感情の高まりにキースは戸惑いを覚えるが、マザー・イライザは順調な成長と判断するのであった。そして・・・。

HOME



copyright © 2005 しゃくら all rights reserved.

Template By innerlife02
RSS1.0 ,
ブログ内検索

近況
旅行いってました(´・ω・`) ぼちぼち更新していきます。


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。