最近の記事

関連リンクタグ

:デスノート :アニメ :漫画 :ドラマ :コミック

カテゴリー

地味にランキング



にほんブログ村 漫画ブログへ

地味に参加中(・ω・)ノ
拍手押して下さった方ありがとうございます。

プロフィール

しゃくら

Author:しゃくら
3度の飯の次の次ぐらいに漫画やドラマなど物語系が好き。
こんな画像載せといて関西人だったりする(´・ω・`)
ぼちぼち見たものをスローペースで更新中。


勝手にリンク
このブログをリンクに追加する

相互リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近のコメント

i n f o m a t i o n

コメントなど、お気軽にどうぞ!


スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

バクマン。6ページ『ピンとキリ』 感想
[20081014]
○六話あらすじ(ネタバレ)
サイコーとシュージンは公園で新妻エイジにはもう担当がついているだろうという話をする。
二人はアニメ化を目標にするなら『ジャンプ』が一番だという考えがあり、まずはジャンプ以外の編集部にダメな原稿を持ち込みしようという事になった。

仕事場に向かう途中で亜豆とその妹、母親とすれ違う。お互い意識しながら無視したが、振り向くと亜豆も振り向いて、サイコーは周波数が合っていると感じる。
小学生の頃から目が合うことが多かったという。バクマン6

シュージンは『ふたつの地球』という話を考え、サイコーはそれを褒める。

二人は夏休み明けまでに、ちゃんと原稿を仕上げてジャンプに持ち込む事にした。
二つの地球…「我々の住む地球は真実の地球のクローンでしかない。我々人間も真実の地球に住む人間のクローンでしかない」
なんかそういう世界の話らしい。

それだけ見て浮かんだのが「ぼくらの」だけどこれはちょっと違うか。あと「輝夜姫」もそんな感じじゃなかったかな。
あれは重要人物だけのクローンだった。
漫画の話題だけではなくちょこちょこ亜豆が登場してて、ラブコメでもあるのかなこの漫画は。
しかし、シュージンはともかくサイコーのこの自信はどこから沸いてくるんだろう。
亜豆がサイコーを好きな理由と、サイコーが亜豆を好きな理由は同じという事なのかな。
目が合うだけでお互い意識して好きになるのは何でなんだろう。

Blanc et noir小畑健画集

スポンサーサイト
2008-10-14(Tue) 22:41 バクマン。 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
⇒ http://syakura.blog56.fc2.com/tb.php/277-18537372

HOME



copyright © 2005 しゃくら all rights reserved.

Template By innerlife02
RSS1.0 ,
ブログ内検索

近況
旅行いってました(´・ω・`) ぼちぼち更新していきます。


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。