最近の記事

関連リンクタグ

:デスノート :アニメ :漫画 :ドラマ :コミック

カテゴリー

地味にランキング



にほんブログ村 漫画ブログへ

地味に参加中(・ω・)ノ
拍手押して下さった方ありがとうございます。

プロフィール

しゃくら

Author:しゃくら
3度の飯の次の次ぐらいに漫画やドラマなど物語系が好き。
こんな画像載せといて関西人だったりする(´・ω・`)
ぼちぼち見たものをスローペースで更新中。


勝手にリンク
このブログをリンクに追加する

相互リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近のコメント

i n f o m a t i o n

コメントなど、お気軽にどうぞ!


スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

地獄少女 三鼎 第十話『鏡の中の少女』 感想
[20081213]
ゆずきの同級生、和也は毎朝新聞配達をしていた。
派手に着飾り、着物を買う母親を助けるためだったが…。
母親を構わない真面目な父親と、派手な母親。
父親は和也にしか愛情を持ってない様子。
母親は業者のセールストークにまんまとハマって着物を買いあさる。

構われない寂しさからでしょうね。
それから、自分をいつまでも若くて美しいと思ってる。
『私きれい?』
といつまでも女を捨てきれない母親と、それを支える息子…。

それをいまいましく思ったのか、藁人形を握り締めるカズヤ。
母親と着物を売りにきたセールスマンとのやり取りを見て嫌悪感を抱く。

新聞配達で稼いだバイト代を、母親の財布に入れる。
なんて健気(つД`)

マラソン大会の途中、セールスマンを見かけるカズヤ。
電話で母親をバカにしてるのを聞いて逆上し、糸を引く。

そして地獄コント。
金魚はお亡くなりに…。

ラストは父が迎えに来ていましたけど、あれってどういう事なんだろ。
でも、今回はちょっと業者は流されるほど悪い事してないと思う。
よくあるセールストークだしなあ。

違う業者が来るだろうオチは見えてた。
誰が悪いのかハッキリしない話だったなあ。ただ和也はかわいそうだったけど。
ゆずきが絡んではいるけど、無理やりみんな知り合いだったり、不自然。
絡んだからといって、見えて変身するぐらいの役目しかないし。
その辺がちょっとなあ。山童の謎もそろそろ見たいなあ。

スポンサーサイト
2008-12-13(Sat) 04:35 地獄少女 三鼎 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
⇒ http://syakura.blog56.fc2.com/tb.php/292-5f2cd089

HOME



copyright © 2005 しゃくら all rights reserved.

Template By innerlife02
RSS1.0 ,
ブログ内検索

近況
旅行いってました(´・ω・`) ぼちぼち更新していきます。


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。