最近の記事

関連リンクタグ

:デスノート :アニメ :漫画 :ドラマ :コミック

カテゴリー

地味にランキング



にほんブログ村 漫画ブログへ

地味に参加中(・ω・)ノ
拍手押して下さった方ありがとうございます。

プロフィール

しゃくら

Author:しゃくら
3度の飯の次の次ぐらいに漫画やドラマなど物語系が好き。
こんな画像載せといて関西人だったりする(´・ω・`)
ぼちぼち見たものをスローペースで更新中。


勝手にリンク
このブログをリンクに追加する

相互リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近のコメント

i n f o m a t i o n

コメントなど、お気軽にどうぞ!


スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

地獄少女 三鼎 第十三話『六文燈籠』 感想
[20090208]
秋恵は新しい家庭教師の女の先生を慕っていた。だがその女は秋恵の父親に恨みを持って、秋恵に近づいていた。
賽河原市で、毎年行われる六文燈籠という燈篭流しの日…。
更新しなさすぎた…。
今回は露骨なめちゃめちゃ百合の香りが…。いちいち誤解を招くアングルというか、秋恵が頬染めたりして。
話自体は、逆恨みでよくある感じなんだけど、それが秋恵ということでよりゆずきを苦しめます。
せっかくあいが出て行ったと思ったら…親友を失くすとは。

でも中学生で一人暮らしがすぐ実現するのはとんでもないなあ。一応お嬢様なのかもしれないけど。

六文燈籠の日、あいが復活!でも何で復活するのかよく分からない。復活するならゆずきはもういらなくないか。
そして柴田先生がつぐみだった。あれから大分時間たってるってことかあ。

秋恵は家庭教師から騙され危うく貞操の危機だったが、ゆずきと秋恵父に助けられる。
でも、藁人形を肉弾戦で奪うとかw

けど効果はなかった。ゆずきの目の前で、秋恵は消されてしまう。
これって、もう一度アクセスして手に入れたってこと?そんなのアリ?
最初から父親じゃなくて秋恵を流すつもりだったのか、後から変えたのか。
その辺がちょっとよく分からない。

声にならない叫びが哀しみを増してるなあ。
ゆずきの周囲、人消えすぎ( ゚Д゚)
スポンサーサイト
2009-02-08(Sun) 21:56 地獄少女 三鼎 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
⇒ http://syakura.blog56.fc2.com/tb.php/296-9aa37848

HOME



copyright © 2005 しゃくら all rights reserved.

Template By innerlife02
RSS1.0 ,
ブログ内検索

近況
旅行いってました(´・ω・`) ぼちぼち更新していきます。


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。