最近の記事

関連リンクタグ

:デスノート :アニメ :漫画 :ドラマ :コミック

カテゴリー

地味にランキング



にほんブログ村 漫画ブログへ

地味に参加中(・ω・)ノ
拍手押して下さった方ありがとうございます。

プロフィール

しゃくら

Author:しゃくら
3度の飯の次の次ぐらいに漫画やドラマなど物語系が好き。
こんな画像載せといて関西人だったりする(´・ω・`)
ぼちぼち見たものをスローペースで更新中。


勝手にリンク
このブログをリンクに追加する

相互リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近のコメント

i n f o m a t i o n

コメントなど、お気軽にどうぞ!


スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

地獄少女 二籠 第九話『あにいもうと』
[20061203]
妹はいつも自分に言い寄ってくる男に振られていた。
兄は慰めるふりをしていたが、本当は兄が、妹に言い寄ってくる男に女装して近づいていたのだ。そんな兄を妹は疎ましく思い、地獄通信にアクセスする。
唐突に地獄少女の感想です。1期の途中から見たので中途半端だなと思い、ためらったんですけどネタも少ないので書こうと思います。あーもうブログまとまりなさすぎ(・´ω`・)というかDVD買おうかと。実写は放送されてない地域だし興味がないので華麗にスルーです。放送されてない負け惜しみかもしれない。

モデルで美形な兄とはいえ、どうやって寝取ったのかは謎ですが・・・。それは置いといて、こういうのって実際あるんじゃないかと思います。昔、田中美佐子主演のドラマでもありましたね。あれは姉と弟でしたが。妹は兄を拒絶し地獄へ送りますが、妹も兄を愛していたんじゃないでしょうか。超えてはならない一線があると言ってましたが、それを超えると人ではなくなるような感覚なんでしょうか。殺さずに離れたらいいんじゃ・・とかいうツッコミは置いといて、妹はそのあとすぐにそっちへ行くからみたいなことを言ってました。憎いけど愛している、そういう感覚はまさに家族だからこそなんだろうか。タブーを犯すのなら死ぬ、人間でいられるのはその選択しかないのか・・。重いテーマですね。どういう結末になったとしても幸せにはなれない。
地獄少女 二籠 箱ノ一 地獄少女 二籠 箱ノ一
金巻兼一、岡真里子 他 (2007/01/24)
アニプレックス
この商品の詳細を見る

スポンサーサイト
2006-12-03(Sun) 20:02 地獄少女 二籠 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
⇒ http://syakura.blog56.fc2.com/tb.php/73-2d57adff

HOME



copyright © 2005 しゃくら all rights reserved.

Template By innerlife02
RSS1.0 ,
ブログ内検索

近況
旅行いってました(´・ω・`) ぼちぼち更新していきます。


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。