最近の記事

関連リンクタグ

:デスノート :アニメ :漫画 :ドラマ :コミック

カテゴリー

地味にランキング



にほんブログ村 漫画ブログへ

地味に参加中(・ω・)ノ
拍手押して下さった方ありがとうございます。

プロフィール

しゃくら

Author:しゃくら
3度の飯の次の次ぐらいに漫画やドラマなど物語系が好き。
こんな画像載せといて関西人だったりする(´・ω・`)
ぼちぼち見たものをスローペースで更新中。


勝手にリンク
このブログをリンクに追加する

相互リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近のコメント

i n f o m a t i o n

コメントなど、お気軽にどうぞ!


スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

たったひとつの恋
[20061219]
今期見てたドラマのうちの一つです。

お嬢様のナオ(綾瀬はるか)と、町工場で働く息子ヒロト(亀梨和也)が様々な障害がありながらも恋に落ちる話。
ナオの友達のユウコ(戸田恵梨香)とヒロトの友達コウ(田中聖)、アユタ(平岡祐太)達の5人が織り成す恋愛や友情も絡んでいく。
脚本は北川悦吏子さんということで、かなり期待していました。
過去の作品をほとんど見ているけど、どれも小道具の使い方もうまく、言葉使いや登場人物の生き方が時代に合っていた。

でも、今回の作品は、脚本としてはイマイチでした。ベタ展開にもほどがあったり、今時言わないセリフを言わせていたり、少しびっくりした。突っ込み所満載でした。

広げすぎて最後バタバタと終わってしまった印象。もう1話あってもよかったと思う。

ただ、どうしても毎回なぜか見てしまう魅力はありました。
続きが気になるという、ドラマとしては重要なものはあると思う。

脚本は置いといて綾瀬はるかさんや亀梨和也さんの演技はよかったと思う。
というか、ナオの、世間知らずで我侭だけどまっすぐな所や、ヒロトの、冷たい言葉も態度も多いけど、家族思いなキャラクターが魅力的でした。
横浜が舞台背景という所もいいですね。それによって全体の雰囲気としてはよかった。
最初どれだけドロドロしてるんだろうと思ったけど、終わってみたら爽やかだった。
ある意味先が読めない。そんなドラマでした。
小田和正さん作詞作曲の主題歌はいい曲です。透明感がある。
僕らの街で (初回限定盤) 僕らの街で (初回限定盤)
KAT-TUN (2006/12/07)
ジェイ・ストーム
この商品の詳細を見る

それぞれの俳優のファンなら楽しめるドラマだと思います。
DVDはまだ出ていない模様。
「たったひとつの恋」o.s.t 「たったひとつの恋」o.s.t
TVサントラ (2006/11/29)
バップ
この商品の詳細を見る

小説も出たようです→たったひとつの恋 / 北川 悦吏子、豊田 美加 他
スポンサーサイト
2006-12-19(Tue) 21:43 ドラマ | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
⇒ http://syakura.blog56.fc2.com/tb.php/82-d2269fee

HOME



copyright © 2005 しゃくら all rights reserved.

Template By innerlife02
RSS1.0 ,
ブログ内検索

近況
旅行いってました(´・ω・`) ぼちぼち更新していきます。


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。