最近の記事

関連リンクタグ

:デスノート :アニメ :漫画 :ドラマ :コミック

カテゴリー

地味にランキング



にほんブログ村 漫画ブログへ

地味に参加中(・ω・)ノ
拍手押して下さった方ありがとうございます。

プロフィール

しゃくら

Author:しゃくら
3度の飯の次の次ぐらいに漫画やドラマなど物語系が好き。
こんな画像載せといて関西人だったりする(´・ω・`)
ぼちぼち見たものをスローペースで更新中。


勝手にリンク
このブログをリンクに追加する

相互リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

最近のコメント

i n f o m a t i o n

コメントなど、お気軽にどうぞ!


スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

14才の母~愛するために生まれてきた~
[20061222]
名門の私立中学校に通う一ノ瀬未希(志田未来)は、一つ年上の桐野智志(三浦春馬)との子供が出来てしまう。14才にして産むと決断した未希だが色々な困難が待ち受ける。・・・といった話です。

親の目から見るときっと批判が多いドラマなんだろうなと思う。
困難といっても、産むまでの周囲の奇異の目や、学校の問題、親の職場での影響、弟や近所への影響と多々あるけれど、本当に大変なのは産んでからなのではという疑問もある。
桐野が頼りにならず、優柔不断な所はちょっとリアルでした。
15才で父親になろうとすんなり思える方がすごいと思うし。
女の子は小学生の時点ですでに男の子より大分精神年令が高いので、きっと一つ上の桐野よりは強いと思う。
しかし、未希はまっすぐなのか幼いのか分からないけど不安定ですね。
周囲に助けてもらいすぎですね。恵まれています。
志田未来さんは熱演してたと思いますよ。
このドラマは役者に助けられていると思う。
「14才の母」o.s.t 「14才の母」o.s.t
TVサントラ (2006/11/29)
バップ
この商品の詳細を見る

未希の母親役の田中美佐子さん、父親役の生瀬勝久さん、桐野の母親役の室井滋さん、あとは雑誌編集長役の北村一輝さん。そのへんの大人の絡みがすごくよかった。

特に生瀬さんの、未希が妊娠したと知った時の反応は熱演で、怒りとか悲しみが伝わってきて泣けます。もう気が付いたら親の視点でこのドラマを観てました。
いや、結婚すらしてないんですけどね(・´ω`・)
室井さんがものすごく反対してキツイことを言うのですが、正論にしか聞こえなかったし。
OPも今期のドラマでは一番いいですね。皆、胎児を表現しているということでしょうか。

関連商品 
しるし しるし
Mr.Children (2006/11/15)
トイズファクトリー
この商品の詳細を見る
 やっぱりピアノのイントロっていいです。

14才の母(単行本)
14才の母‐愛するために生まれてきた‐ザ・ビジュアルブック

スポンサーサイト
2006-12-22(Fri) 22:25 ドラマ | TB(1) | コメント(0) | 編集 |

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
⇒ http://syakura.blog56.fc2.com/tb.php/84-192e25e0
14才の母}14才の母 ~愛するために生まれてきた~(じゅうよんさいのはは あいするためにうまれてきた)は、2006年10月11日から毎週水曜日の22:00~22:54(日本標準時|JST)に日本テレビ放送網|日本テレビ系列のテレビ局で放送される連続テレビドラマ|ドラマである。初回は1
2007-02-09(Fri) 07:26 | あのドラマに夢中! 

HOME



copyright © 2005 しゃくら all rights reserved.

Template By innerlife02
RSS1.0 ,
ブログ内検索

近況
旅行いってました(´・ω・`) ぼちぼち更新していきます。


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。